【烏(からす)】 鳥類.jp
スズメ目カラス科の鳥のうち、大形でくちばしが大きく、全体に黒色のものをいう。 日本ではハシブトガラスとハシボソガラスが全国に普通。全長50〜60センチメートルで、 羽には光沢がある。田園や人家近くにすみ、雑食性で何でも食べる。 (出典:大辞林 第二版 三省堂)

鳥の名前わかりますか?

からす
正解は写真をクリック

カラス対策
カラスとは、スズメ目カラス科の鳥のうち、大形でくちばしが大きく、全体に黒色のもののことで、 日本ではハシブトガラスとハシボソガラスが全国に分布しています。 繁殖期以外は群れを作って行動し、規模の大きなねぐらには10,000羽近く集まる為、 鳴き声による騒音をはじめとして多くの問題が発生しています。

都会のカラス 環境省パンフレット
〜その被害と私たちにできること〜 カラスとはどんな鳥、カラスによる被害、カラスによる害を防ぐには

鳥害対策
農作物の鳥害に関する全国的な統計は、自治体が実施して農水省植物防疫課が まとめている聞き取り調査によるものしかありません。

カラス - Wikipedia
カラス(烏、鴉、?、雅)は、鳥類の1グループ。 多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、 諺などではよく白いサギと対比させられる。 ただし実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラス、 全体的に明色のサバクガラス類などもおり、必ずしも真っ黒ではない。


本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--2z5a32g.jp/">鳥類.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 日本教育コンピューター(株) プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ